高血圧になりやすい性格がある?ネガティブな感情は排除しよう!

高血圧は食事や運動不足によって起こる…と思っている人は多いのではないでしょうか。しかし実は考え方、性格によって高血圧を引き起こしている場合があります。具体的にどのようなタイプなのか、説明していきたいと思います。

 

ストレスを溜め込みやすい人は要注意

高血圧になりやすい人はズバリ、精神的なストレスを貯めやすい人です。怒り、不安、恐怖…そのようなネガティブな感情が交感神経を緊張させ、血管が収縮して血圧を上昇させてしまいます。

 

 

性格的に言えば心配性、せっかち、真面目、几帳面、神経質、完璧主義、こだわりが強い、負けず嫌い、気分の浮き沈みが激しい、闘争心が強い、時間的余裕が無い…などがあります。

 

 

性格を変えるのは難しいですが、ひとまず心に余裕を持って、ポジティブに物事をとらえる考え方に変えていきましょう。特にイライラしやすい人はカッとなりやすく、血圧が上がりやすいですから注意して下さい。

 

ストレスを出来る限り溜めないように過ごす

ストレスを全く感じない…というのは難しいです。ですから、自分なりに解消できる術を身につけておいたほうが良いでしょう。お風呂に入ったり、好きな音楽を聞いたり、スポーツをしたり…好きなことならなんでも良いです。

 

 

仕事中でも合間にストレッチなどをして軽く身体を動かしてみたり、何か飲みながらぼーっとするだけで身体と脳の疲れがほぐれます。そしてあまり思いつめすぎず、せっかちにならず、ある程度心のゆとりを意識して仕事に望みましょう。